大きくする 標準 小さくする

2009年11月26日(木)更新

産業構造の変革

産業構造が大きくかわったと思う。

景気が悪いとか、いいとかの問題ではない。

寧ろ、景気が悪い方が、まだ救いようがある。

そう、景気は循環するから。

今を耐えれば、いつか春がくる。

でも、今回は違う。

景気が悪いだけではない。

産業構造そのものが変化したのである。

世の中の仕組みが変わったのだ。

だからすべての企業に春は来ない。

この厳しい現実を、早く認識してほしい。


そして気がつくと、

いつの間にか春になっていると思う。

そのとき、・・・。

2009年11月16日(月)更新

新しい領域、未知なる世界!

社会人になってからの自分を振り返って。

朝起きたら1部上場企業が自主廃業、
数ヶ月間は清算業務に従事。

その後2000人規模の会社を一気に設立。
しかし5年後に業務縮小、そして希望退職。

役職員約20人の中小企業に就職、のちににマザーズへ、
一年後に1部上場企業へと躍進。

そして現在は、数人で起業。

これらは、私にとってまさに貴重な経験、同時に多くのことを学びました。
日本中探しても、こんな経験できた人は誰もいないと思います。

現在は、その集大成として今までにはない新しい領域へ、
時代とともに自分も変化し続けながら、そしてちょっと時代の先を歩く。

類似のない領域は未知数。教科書などない。
だから、ジャンルを問わず日々精進、勉強。

この年齢での記憶力は愕然とするほど低下。
やればできる。 

チェスト!!!。(鹿児島弁)

2009年11月02日(月)更新

中国ビジネスへ進出するのは中堅・中小企業だ。!

この約一週間、中国に出張していました。

目的は企業提携の提案&現地の生の情報収集とネットワーク(人脈づくり)のためです。

中国ビジネスは、無限の可能性があると確信を持っています。
kaihatu3

そしてそこでの主役は、大企業ではなく寧ろ中堅・中小企業であると思っています。


大企業に連動しての移転とか、人件費の安い組立生産工場の発想ではありません。
労働集約型産業では、中堅・中小企業は勝てません。その時代は終わりました。
では、どうしたら成功するのか、

日本の中小企業がもっている技術・ノウハウを必要としている人たちが、世界中にいます。
その技術・ノウハウを日本国内に留まらず、それらをもっと活かし、みんながWin になる方法を考える時がきたと言えます。
Co-Work ビジネスの時代に突入したと言えるでしょう。

その一つが消費大国“中国”です。


今回、ある方のご紹介で現地の有力企業経営者とその方を通じて、ある地方都市の人民政府の方々に商業都市開発地区や企業誘致などについて、案内・説明をしてもらいました。

正直、未知数です。でもリスクを恐れる以上に、彼らには夢とパワーがありました。
同時に私は、そのパワーをもらって帰ってきました。
kaihatu1 kaihatu2

もし、中国ビジネスにご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。
辻松律男 電話:090-8597-7133

20141009bnr.jpg

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

<<  2009年11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック