大きくする 標準 小さくする

2010年01月25日(月)更新

中小企業経営者のためのM&A【実践編】vol.9 急がば回れ

≪急がば回れ≫

企業再生のような目先の資金繰りに行き詰まっている場合は、外科的な処方を
することにより本業の儲け(営業キャッシュフロー)が果たしてどうなのか、
などを検証するため先ずはデューデリ・ジェンス(=DD)に着手します。
その精査を経て候補先(スポンサー)と具体的な交渉ステージへと進めていきます。

それに対し後継者不在型等、今すぐに会社を売却する必要がないケースではどうでしょう。

オーナー経営者の意向もふまえて、事業(ビジネス)を成長させるシナリオを前提に
交渉を進めていくことになります。お互いに歩み寄りの精神で進めていきます。

お互いの成長シナリオを検証しつつ、DDに着手する前に以下の項目などを検証
していきます。
対象企業のP/LやB/Sは当然ながら、業務上や取引先との基本取引形態、係争関係、
労災問題、株主の変遷(実質株主は誰か)などをチェックします。また店舗を
賃貸借している場合は、賃貸借契約の確認も重要です。

そして何より検証しておかなければならないことが簿外負債の可能性です。

しかしこれら全てを網羅することは実際問題として不可能です。従い通常、
売買契約書(表明保証)等で対応していきます。

ちなみに簿外負債の代表的なものとして環境問題があります。廃棄物処理、
有害物質の取り扱い、近隣住民からの苦情、土壌汚染など、一見視察しただけ
では判断がつきません。

特に対象企業がメーカーの場合は、環境DDを実施する前に、問題点が出た場合の
取り決めをしておくことをお勧めします。

要するにDDでいきなり精査するというのではなく、事前に問題を指摘しお互いに
議論しておくことが重要であるということです。

そしてそれをふまえ専門家による企業精査を実施します。その方が後々の交渉が
スムーズになります。

如いては成約への近道といえるのではないでしょうか。

2010年01月18日(月)更新

先端研究 内にこもらず


「我々は日本の技術、ノウハウに興味がある。
一緒に事業を協業してもらえるビジネスパートナーを紹介してほしい。」

最近、こんな相談が多くなってきました。
日本の伝統や技術の概念には、きめ細かな接待ノウハウなどのサービス業
なども含まれます。

先週末16日付、日経朝刊1面「企業 強さの条件」にこんな文言がありました。

「三流企業がものをつくり、二流企業が技術を開発、一流企業がルールを決める」

これは、中国企業や政府に広がる言葉だそうです。

そして最後は、中国は明確な国家戦略があるのに対し、日本は国家戦略が見えない。
そんななか技術と市場をどうつなぐか、今後どうあるべきかをコメントしています。

私も全く同感です。

2010年01月08日(金)更新

中小企業経営者のためのM&A【実践編】Vol.8

デューデリジェンス(買収監査)が終わると、約2週間程度で、調査レポート

なるものが出来上がってきます。

それを基に、クロージングへ向けた最終条件確定のための交渉に入るわけですが、

ここで、もし想定しなかった瑕疵が発覚したとしたらどうなるでしょうか。



1.ブレイク。2.買収価格で調整する。3.問題が解決するまでクロージングを延期する。

4.表明保証で縛る。5.エスクローする。

などなど、状況に応じて対応策はあります。しかしいずれに於いてもオーナー

(売り手)側にとってかなりの負担がかかってしまいます。

売り手企業にとってブレイクしたときのリスクは計り知れないものがあります。

買い手企業だって、ここに至るまでコストがかかっています。

金銭的なものはもとより検討・交渉に費やした時間のウエイトが大きいものです。



では、どうしたら、そういう事態にならないで済むか、

次回は、そのリスクを最小限にと留めるための対策についてお話をしたいと思います。

2010年01月01日(金)更新

謹んで新春のお慶びを申し上げます。


日本経済の業界図がグローバルで変貌しようとしています。
2010年は、既存のビジネスモデルに捉われず、斬新な発想を求められる時代のように思います。

同時に今年は、自分の人生においてもターニングポイントとなる年です。
がむしゃらに働こうと思います。自分自身のためにも24時間365日。

経営者のみなさま、明日に向かって共に突き進みましょう。

ひとつのソリューションにとどまることなく、アーリーステージの企業から
IPOへ、そして事業承継・相続対策に至るまで、いわゆる
“経営者と共にもに天国まで”を信条に、その成長ステージに合わせ、
トコトンご支援させていただきます。

sss aaa
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
***************************************************
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目2番6号 赤坂中央ビル7F
アクタスアドバイザリー株式会社
辻 松 律 男
Tel:03-3224-7884 Fax:03-3586-5548
e-mail:tsujimatsu.ritsuo@actusadvisory.com
***************************************************

20141009bnr.jpg

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

<<  2010年1月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック