大きくする 標準 小さくする

2011年01月30日(日)更新

宗教法人の売買(朝日新聞より)

本日1月30付の朝日新聞の一面に掲載されている「宗教法人売買横行」の記事を読んで

記事の内容は、宗教法人の税制優遇措置を利用した節税、一種の脱税でしょうか。


宗教法人や学校法人の譲渡の相談は時々あります。

そのとき、買収する側の目的が、あきらかに宗教活動、学校法人の継続が

目的ではないと判断した場合には、私の場合はお断りしています。


ちなみに、ネットで「宗教法人 売買」と検索したらかなりヒットします。

それだけ、後継者がいないということ。


私の小学校時代の友人は東京のとある有名な寺院で修業して、

今では地元に戻って親父のあとを継いでお坊さんとして頑張っています。

こういうケース、今の時代、希なのかも知れません。





M&Aマンの戯言 №5(オーナーがベンツに乗っていたとしたら) 
***************************************************
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目2番6号 赤坂中央ビル7F
株式会社M&A Biz
Mobile:090-8597-7133 担当:つじまつ
***************************************************

 《事前無料相談受付中》
・ 企業の買収・売却のご相談
・ M&Aに関するセカンドオピニオン
・ オーナー経営者の事業承継
・ 事業再編
・ 中国ビジネス


twitter

note
【わいわい・がやがや】

2011年01月25日(火)更新

少子高齢化で縮小する日本市場でのM&A戦略

日本人口の減少は、同時に中小企業に於いても次の担い手がいなくなってきて

いることを意味します。日本経済を支えてきた中小企業は、今、後継者問題という

大きな壁にぶつかっています。

さて、今更改めて説明する必要もないと思いますが、インターネットを活用した

ビジネスモデルは大企業・中小企業、またジャンルを問わずあらゆる企業や

個人が取組んでいます。

ネット社会である以上もはやネットビジネスは当たりまえになっています。

そのようななか後継者が決まっていない中小企業の多くが未だインターネット

を活用していないケースが散見されます。

いわゆる商売を優先するか、それとも後継者対策の方が先か、正直その優先順

位は難しいです。

一方で新規事業としてインターネットビジネスを構築しても、現実問題、期待

したような成果が表れていない企業も多いのではないでしょうか。

要は、それを理解できる、わかる人材がいるかどうか、かも知れません。

今回、オーナー及び経営者の皆さまを対象に「少子高齢化で縮小する日本市場

でのM&A戦略」と題してセミナーを開催いたします。

第一部はインターネットと既存ビジネスの融合による成長戦略実現のポイント

について、現場感覚で事例を交えながらその第一人者であるTRENDIX㈱

代表取締役 庄田正貴氏に講演頂き、第二部は私が得意とするM&Aを活用した

事業承継と成長戦略について話しをします。

急なご案内で恐縮ですが来週2月3日、もしお時間のご都合がよろしければ、
弊社事務所見学も兼ねてお気軽にご参加ください。

かしこまらず事例中心にお話しをしたいと思います。

TRENDIX㈱について

セミナーのお申し込みはこちらから(無料)
セミナーの詳細について



M&Aマンの戯言№4(株主名簿、実は借名だった)***************************************************
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目2番6号 赤坂中央ビル7F
㈱M&A Biz

 《事前無料相談受付中》
・ 企業の買収・売却のご相談
・ M&Aに関するセカンドオピニオン
・ オーナー経営者の事業承継
・ 事業再編
・ 中国ビジネス


企業の買収・売却ニーズ、事業承継、中国ビジネス等に関する
ご相談は弊社まで。担当 辻松 090‐8597‐713
twitter

note
【わいわい・がやがや】

2011年01月18日(火)更新

中国市場へ進出する相談を受けたら

独資か、合弁か、単独か、連合か、どのようなスキームがベストなのか。

それは、業種や対象とするマーケット層によって、

その戦略・戦術は変わってきます。最初から決め付けない方がいいでしょう。


大事なのは、マーケット分析とブランディング戦略です。言葉では理解できていても

以外とわかっているようで、わかっていない方が多いです。

1. あれだけの大きな市場だから、中国だったら売れる!
2. 品質の良い製品、いいものは売れるはず!
3. ただ、どうやって中国進出すればいいのか、
    その手段や方法がわからない!また騙されるのではないか!

と思っている経営者の方、案外多いのではないでしょうか。

経営者の方からこのような相談を持ちかけられたとき

私が最初にするアドバイスは、「やめておいた方がいい」と助言することです。




M&Aマンの戯言№3(合併比率の算定)

twitter

note
【わいわい・がやがや】

2011年01月14日(金)更新

事業再生/事業承継の修羅場で見えた世界

・国内のマーケットはシュリンク!
・売上は減少!
・資金繰りは悪化!
・法的リスクの増加!
・後継者問題!

日本国内の中小企業は今、様々な問題に直面しています。

そのような厳しい経営環境のなか、

悩んでいらっしゃるお客様(=顧問先)の問題解決を図るため、

こんなセミナーを企画しました。
セミナ





M&Aマンの戯言 №2(高く売りたい!安く買いたい!)


 《事前無料相談受付中》
・ 企業の買収・売却のご相談
・ M&Aに関するセカンドオピニオン
・ オーナー経営者の事業承継
・ 事業再編
・ 中国ビジネス



twitter

note
【わいわい・がやがや】

2011年01月05日(水)更新

中国からの留学生

先日、日本に留学している中国の大学生と会食する機会がありました。

彼は日本の文化やビジネスについてとても興味をもっています。

そして多くのことを真剣に学んでいます。

そして何よりビジョンを持っています。

だから会話をしていて楽しいです。

彼が日本に来て数ヶ月、会う度に日本語が上手になっています。

この上達ぶりには本当に驚かされます。


日本では中国について良くも悪くも多くの事が報道されています。

時には誤解を招くことも。


最後に彼に「卒業したらどうするの」と尋ねてみたら

「日本で働こうと思っています」と、

その声は夢と希望に満ちていました。






 《事前無料相談受付中》
・ 企業の買収・売却のご相談
・ M&Aに関するセカンドオピニオン
・ オーナー経営者の事業承継
・ 事業再編
・ 中国ビジネス



twitter

note
【わいわい・がやがや】

2011年01月03日(月)更新

水平線越しの・・・・・・・・?

みなさま

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

水平線越しの初日の出は見れませんでしたが、

suihei

その後、眩しく、輝かしい日差しがさしてきました。

さあ、今年も夢と思いをのせて出航です!
辻松 律男

20141009bnr.jpg

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

<<  2011年1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック