大きくする 標準 小さくする

2015年01月27日(火)更新

M&A 株価算定 “ 純資産プラス営業権だけではない!”

M&Aにおいて
中小企業の株価評価をするとき、

「時価純資産 + 営業権」 という算定式を用いるケースが多い。
中小企業のM&Aに関する物の本に、そのように解説している本が多いからだ。

時代は刻一刻と変化している。
社歴の長い中小企業とて、今の体制がいつまで続くかわからない。

激動の時代、生き残っていくために、新規事業を立ち上げ、
新たな展開を模索している中小企業経営者は少なからず多いはず。

そのような企業の株価を算定するときには、
「現在の価値」 と 「将来の価値」 を組み合わせた企業価値の評価(=株価)を
算出しなければならないと考える。

※ポイント
新規事業が軌道に乗るまでの運転資金・開発資金など、借入金過多に
なっているケースがほとんどである。この借入金の評価である。
単なる借入金と判断すればそれまで。

私の場合は、ベンチャー企業などに用いる将来価値を算定する方式を
併用して企業全体の価値を算定することにしている。



M&Aの関するご相談は実績と信頼のある 
㈱ M&A Biz へお問合せください。


 

20141009bnr.jpg

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

<<  2015年1月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック