大きくする 標準 小さくする

2016年07月20日(水)更新

中小企業のM&A 明日の調印式やめる!

明日、調印式を迎えるという日、
その当日の午前2時にオーナーから電話が入った。

明日の調印、「やめたい」と、
えっ!

従業員にディスクローズするタイミングが、その理由だ。
通常は、調印式(株式譲渡契約等)のあとに従業員に発表する。
それまではシークレットとされてきた。

でも、オーナーは、従業員にきちんと伝えたうえで、
調印式を迎えたいという。

オーナーの気持ちも理解できる。がしかし、・・・。
M&Aの情報開示は、そのタイミングがとても難しい。

結局、当日の調印式は見送り、一週間後とした。

従業員への開示も何事もなく終了し、
無事に最終調印式を迎えることができた。



私としては、胃が痛い一週間であった。
でも、本当に良かった。

関係者の皆様お騒がせ致しました。
オーナー企業のM&Aは、セオリー通りにいかないものです。


だから、そこにはドラマがあり、人生があり、笑いがある。
ある意味、人生の集大成と言えるのかも知れません。



                         株式会社 M&A Biz
                           辻 松 律 男






 

2016年07月15日(金)更新

交渉の表舞台にでないM&A専業会社

中小企業同士のM&Aが活発です。

特に、現場にいる中小企業の経営者は、
肌感覚でそのことを実感されているのではないでしょうか。

もはやM&Aビジネスは、
大企業・中堅企業クラスに限られたビジネス領域ではない
と言えるでしょう。

極端な話しですが、
町の商店街の一店舗のお店もその対象になり得るということです。

そこには高額な報酬を仲介会社に支払わなくても、自分たちだけで
完結させてしまうというケースも今後増えることでしょう。

先日、お客様同士でのM&A交渉によってディールが成約致しました。
弊社は交渉の表舞台には一切でませんでした。

お客様が、お困りになったとき、どうしてよいかわからないとき、
契約書内容の確認、などなど、

ご相談・ご依頼があったときにだけ対応を致しました。
もちろんワンポイントアドバイスも。
結果、良いご縁となりました。

この場合、弊社へお支払い頂く報酬は、
一般的なM&A成功報酬に比べると比較にならない程、
低料金となります。
いわゆるタイムチャージ的な業務報酬です。

これからの時代、セオリーに従ったM&Aでなくても
お客様のスタイルに合わせ、カスタマイズされた
いろんなスタイルのM&Aビジネスがあっても良いと思います。


《 無料相談実施中 》
***************************************************
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目2番6号 赤坂中央ビル7F
株式会社 M&A Biz
(代)03-3589-3510 e-mail: tsujimatsu@mabiz.jp 
http://mabiz.jp
***************************************************

 

20141009bnr.jpg

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

<<  2016年7月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック