大きくする 標準 小さくする


中小企業経営者のためのM&A【実践編】vol.2

投稿日時:2009/07/03(金) 07:40rss

企業買収を検討している経営者にとって、この時期まさに千載一遇のチャンスです。


≪企業買収に積極的な経営者層って!≫

1. オーナー社長 
・ やはり最終決断はオーナー

2. 第二創業を目指している経営者(後継者)
・ 先代からの事業は継承していくものの、先代とは違う自分流の経営を築く

3. 株式上場したばかりの企業経営者。
(※今年に入って7月17日まで、なんと10社しか上場しておらずファイナンスも以前
のようにはいかないようです。)



≪ 企業買収をする目的って!≫

1. 業界内のシェア拡大。
2. 新規事業としての位置づけ。
3. 本業に付加価値をつけ、競合他社との差別化を図るため。
4. 収益の出ている事業を買収することで、本業の衰退事業を補うため。

※ちょっとブレイク、こんなケースもありました。
5. オーナー(社長)が息子(専務)に経営学を現場で学ばせたい。買収した企
業の社長を息子に任せたケース。(この場合、譲渡企業のオーナーは了承済)



≪ 友好的M&Aって、本当ですか。≫

後継者不在型での会社譲渡の決断は、資金繰りや業績の悪化により会社を譲渡し
なければならないケースと違います。したがい譲渡企業オーナーの気持ちが理解で
きる相手(買い手)でなければM&Aはうまくいきません。

だから、友好的でなければM&Aそのものが成約しないということになります。
と同時にその気持ちを汲んであげれる交渉術(交渉人)が必要不可欠となります。

次回は、会社を買うときの確認事項=「三種の神器」についてお話ししたいと思います。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック