大きくする 標準 小さくする


中国への進出とその必要性

投稿日時:2010/02/17(水) 15:40rss

昨今、多くの人が、これからは「中国だ」と言っています。

私も中国を訪問してそう感じました。今後間違いなく巨大マーケットに成長する

と思います。

そんななか、一緒にやっているチャイナデスクの顧パートナーが、

「だからといって、みんなが、中国、中国と言って、進出していくのはどうだろうか」と。

マーケットがシュリンクしているといえども日本企業が、リスクを犯してまでも

進出する意味はあるのか、本当に海外へ進出しなければならない状況なのか、

他に戦略はないか、など。


将来我々が目指すべきビジネススタイルについて語り合いました。


そして我々は、先ず日本国内を主軸にした成長戦略を第一に考え、後継者問題や

国内企業との提携先を優先すべきであること。

そしてその次にそれらの過程を経て、それでも結果的に中国市場への進出、

現地企業との提携へと展開を目指すのであれば、

そのときは可能な限り支援をさせて頂く、という共通認識になりました。


時の流れが海外だからという安易な戦略だけで中国進出を考えているのであれば、

それは失敗するということです。


 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック