大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


中国市場へ進出する相談を受けたら

投稿日時:2011/01/18(火) 13:25rss

独資か、合弁か、単独か、連合か、どのようなスキームがベストなのか。

それは、業種や対象とするマーケット層によって、

その戦略・戦術は変わってきます。最初から決め付けない方がいいでしょう。


大事なのは、マーケット分析とブランディング戦略です。言葉では理解できていても

以外とわかっているようで、わかっていない方が多いです。

1. あれだけの大きな市場だから、中国だったら売れる!
2. 品質の良い製品、いいものは売れるはず!
3. ただ、どうやって中国進出すればいいのか、
    その手段や方法がわからない!また騙されるのではないか!

と思っている経営者の方、案外多いのではないでしょうか。

経営者の方からこのような相談を持ちかけられたとき

私が最初にするアドバイスは、「やめておいた方がいい」と助言することです。




M&Aマンの戯言№3(合併比率の算定)

twitter

note
【わいわい・がやがや】

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック