大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


フェアネス・オピニオン

投稿日時:2011/02/20(日) 06:03rss

最近、TOBや上場企業同士のM&Aが多くなってきました。

今後もこの流れは続くと思います。更に海外企業とのコラボも多くなるでしょう。

そこで、本件がすんなりいけばいいのですが、ときに対象企業の株主が、

「ちょっと待った! 意義あり!」

株価算定や合併比率に納得いかず物を言いってくることがあります。


そんな時、企業経営者側としては、それは専門家のお墨付き(フェアネス・オピニオン)

に基づいて決定しています。とそれを盾にすることができます。

セカンドオピニオンとは、似ているようで本来の目的が違います。


でも、考えてみてください。 

企業本来の価値は、収益、人材、ブランド、取引先、経済環境等の他に、

何と言っても経営者の能力に因るところが大きいと思っています。

そういうものに対して、経営に関わっていない第三者算定機関が公正性に関する

意見を出すことができるものなのか。(感情移入や属人的な要素を排除できるか)


でも、フェアネス・オピニオン的なことは必要だと思います。

でも、もう少し何か、いい表現方法がないものかとプレスリリースを見ながら

勝手に思ったりしている今日このごろです。



 《事前無料相談受付中》
・ 企業の買収・売却のご相談
・ M&Aに関するセカンドオピニオン
・ オーナー経営者の事業承継
・ 事業再編
・ 中国ビジネス


㈱M&A Biz
企業の買収・売却ニーズ、事業承継、中国ビジネス等に関する
ご相談は下記のメールにてお受け致しております
※ 情報に付きましては、厳重に保管・管理及び破棄致します。

株式会社M&A Biz
担当:辻松 tsujimatsu@mabiz.jp


twitter

note
【わいわい・がやがや】

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年9月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック