大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


M&Aは、マインド(精神)&アグリーメント(同意)  ㈱アークス 横山社長の言葉

投稿日時:2014/11/25(火) 19:05rss

確かに、言われてみると納得。

M&Aは、通常 マージャーアンドアクイジション(合併と買収)と訳される。
でも、日本の文化・風土では、「買収」という言葉は、聞こえが悪く、
特に中小企業の経営者には馴染まない。

しかし昨今、M&Aが大企業に限らず中小企業にも浸透してきている背景には、
友好的なM&Aが増えてきたからだ。

我々は、買収は「譲受」、売却は「譲渡」という表現を使う。
ちょっとした気遣いが、後々に大きく影響してくる。

相手を選ぶ選択肢は、どちらかというと会社を譲渡する側の経営者が
持っていることが多く、資本の原理だけでは、交渉はまとまらない。

同じ経営理念を持ち、かつ気持ちが一体となったマインド(精神)、
そして進むべき方向に、双方が同意できてこそ、本領を発揮できるもの。

“M&Aは、マインド(精神)&アグリメント(同意)”

非常に同感した。


㈱アークス 代表取締役社長 横山 清氏のお言葉
日本経済新聞の企業面「経営の視点」より(2014年11月24日付)




中小企業のM&Aのことなら、
理屈ではない、浪花節的な交渉を手掛ける
㈱ M&A Bizへ ご相談ください!



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

当社は、M&Aビジネスの専業会社です。 ※詳しくは、当社オフィシャルホームページへ 下記記載のURL(http://mabiz.jp)をクリックしてください。 当社の経営理念がご理解頂けるものと存じます。 宜しくお願い申し上げます。...

詳細へ

個人プロフィール

日本の中小企業がもっている底力を世界に発信していきたいです。

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック